日本人は1人だけ!アメリカの大学で教育を学んでみる

日本人は1人だけ!アメリカの大学で教育を学んでみる

早大を休学してアメリカのリベラルアーツカレッジで教育を学ぶ学生。アメリカ留学2年間終了後、アフリカに行き、現在はインドで働いている。多くの教育関係者、海外に興味を持った方に読まれるブログを運営中。

成田→ロサンジェルス(ビザ取れました)

 

f:id:Finalist7:20180209065250j:plain

​ Los Angeles なうです。気温は28度。空港ではエアコンが効いていて心地よいです。

 

​西海岸は実は人生初めてで、乗り換えも含めて、初めてでした。

 

​無事にブラジルビザ取れました。

 

​結局ビザ関係や他の用事も重なり1日遅れての出発になりました。

 

​飛行機を変更して、ホテルの予約もキャンセルしなければいけませんでしたが仕方ないです。

 

​ビザは早めに取るにこしたことがないですね。

 

飛行機はロスまでは8時間、ロスからブラジルのサンパウロまで12時間です。

 

8時間の間に映画2本、本1冊を読みました。

 

「ちょっと今から​仕事やめてくる」

 

f:id:Finalist7:20180209064035j:plain

「君の膵臓を食べたい」

 

f:id:Finalist7:20180209064050j:plain

君たちはどう生きるか

 

f:id:Finalist7:20180209064506j:plain

この3つ偶然にも、「生きるとは」という共通のテーマがありこれから自分がどう生きるかを考えさせられました。

 

「ちょっと今から​仕事やめてくる」では、

 

主人公が仕事を辞めた瞬間にスキップしてカバンを振りまして喜んでいたシーンが

 

「君の膵臓を食べたい」では、

 

「明日がくるなんて誰にも保証されていない」という主人公が言うシーンが

 

印象的でした、

 

そこで思ったのは、

 

「いま自分がしようとしていること、これから自分が歩いて行く道は本当にやりたいことなのか」

 

ということです。

 

そして、その問いに迷いなくYesと言える自分がいて自分がすることは恐らく間違ってないんだなぁと思いました。

 

南米に来たことも、これから教員になることも「自分がやりたくて、自分で決めた道」だからです。

 

と同時に、そんな環境にいる自分は幸せであると改めて思いました。

 

  

空港に着いた瞬間にアメリカだっていう匂いがして懐かしくなりました。

 

空港に降り立った瞬間にその国の匂いがするのが面白いです。

 

インドの空港も特徴的な匂いなのを覚えています。笑

 

そして、空港でパンとコーヒーを買いました。

 

f:id:Finalist7:20180209065039j:plain

久しぶりのアメリカサイズ大きい。笑

 

そしてこの2つで、約1500円という高さ。

 

レジのヒスパニック系の陽気なおばちゃんが

 

「ありがとうってあなたの国ではなんていうの?シェイシェイかい?」

 

と聞いてきて、「それは中国語だよ。日本語ではありがとうだよ。」

 

と教えてあげました。

 

この陽気な感じもアメリカっぽい。

 

そして、やり残していた課題を2つ待ち時間でやって、これからブラジル行きのフライトに乗ります~!