日本人は1人だけ!アメリカの大学で教育を学んでみる

日本人は1人だけ!アメリカの大学で教育を学んでみる

早大を休学してアメリカのリベラルアーツカレッジで教育を学ぶ学生。アメリカ留学2年間終了後、アフリカに行き、現在はインドで働いている。多くの教育関係者、海外に興味を持った方に読まれるブログを運営中。

アマゾンを全身で体感!~ツアーの後の思いがけない展開!!!~

 

着いて二日目に早速アマゾン1日ツアーに行きました。

 

本当はジャングルの中に泊まるツアーがあって、そっちに行きたかったんですが、時間がなく今回は断念。

 

しかし、1日ツアーでも色んなイベントがあり、アマゾンを満喫できます。

 

 

まずは、世界最大の淡水魚のピラルク釣り体験。

f:id:Finalist7:20180217113958j:plain

 

ジャングルの中にも少し入りました。

 

f:id:Finalist7:20180217112425j:plain

f:id:Finalist7:20180217112435j:plain

 

 

そして、アマゾン川に入ってピンクのイルカタッチ。

 

f:id:Finalist7:20180217112445j:plain

アマゾンの川はなんと温かったです!!!

 

先住民との交流。

f:id:Finalist7:20180217113416j:plain

 

そして、2つの川が合流して、しかも交わらないポイントへ。

 

f:id:Finalist7:20180217112314j:plain

黄色の川と黒色の川が交わらなくて神秘的な光景を作り出しています!!

 

この光景を見たかったので、見れて感激です!!

 

一日でアマゾン満喫。。。。

 

しかし、ツアーは色んなものいいとこ取りがされていていいんですが、なんか物足りないというか、なんかすごいパッケージされてる感がありました。

 

(安全なのですが。。。。)

 

 

夕方5時にツアーが終わり、飛行機が次の日の朝の3時なので、かなり時間がありなんかできないかなぁと思ってました。

 

しかし、遅い時間にどこかで歩くのも危ないしどうしよう。

 

と思っていたら、一緒に行動していた中国人の男の人がなんだか物足りなさそうにしてました。

 

「夕方の5時に終わるのは早すぎる。俺は1日しかアマゾンにいないからもっと楽しみたい!!!」

 

と言ってます。

 

この人です。笑

 

f:id:Finalist7:20180217113854j:plain

 

ちょうど僕も、もう少し何かしたいなぁと思っていたので、ガイドの人に聞いてみたら、夜にクロコダイルウォッチングがあると教えてくれました。

 

しかし、、、、

 

そのツアーは、4時に出発してもう参加できないとのこと。。。

 

そこで、「今からできないか?」と交渉に入りました。

 

そしたら、例の中国の男の人が加勢してきました。笑

 

「俺は1日しか滞在しないんだ。なんでもいいからツアーをしてくれ。」

 

と片言の英語でまくし立てます。

 

20分ぐらい交渉した結果。。。。。

 

。。。。。

 

。。。。。

 

クロコダイルウォッチの交渉成立しました!笑

 

そして、僕とその中国人だけの完全独占ツアー開始です!!!

 

クロコダイルウォッチツアーとクレイジーな中国人の印象が強すぎで、それまでのことの印象がかなり薄れています。笑

 

しかし、1つ問題が。。。。

 

僕とその中国人の携帯の充電はもう切れそうです。

 

二人ともホテルに充電器を置いてきて、しかもホテルに戻る時間もなくピンチです。

 

そこで、中国人は近くのタクシーの運ちゃんを捕まえて、

 

「俺たちの写真を撮ってくれ。そして、一緒に来てくれ!!!!」

 

といって、運ちゃんを巻き込みました。笑

 

運ちゃんはこれからディスコに行く気まんまんで、イタリア製の高級な靴を履いていたのですが、そんなのにお構いなく巻き込まれています。

 

靴を見せる運ちゃん

f:id:Finalist7:20180217114407j:plain

 

メンバーは、僕、中国人、タクシーの運ちゃん、船のドライバー

f:id:Finalist7:20180217113429j:plain

 

と、途中でクロコダイルを見つける現地のガイドが乗り込んできました。

f:id:Finalist7:20180217114522j:plain

 

タクシーの運ちゃんは

 

「今頃女の子と踊ってるはずだったのに、俺は今クロコダイルの写真を撮るためにチャイニーズとジャパニーズと一緒にいる」

 

とぶつぶつ言ってます。笑

 

クレイジーな中国人も

 

「クロコダイル、フォト、フォト、フォト!パッ、パッ、パッ!!そして、ホテルに戻ってディスコだ!!」

 

とよくわからんことを言ってます。笑

 

そして、クロコダイルがいる場所の近くに行き、日が沈むのを待ちます。

 

タクシーの運ちゃんは

 

「俺はここに住んでいるが、今までクロコダイルを見たことがない。なぜなら、夜は蚊くて川に来るのが嫌いだからだ」

 

とまだ言ってます。

 

1時間ほど待って、、、

 

ライトで明かりを照らし始めます。

 

クロコダイルの目が反射して光り、見つけれるそうです。

 

みつからないまま1時間半ほど経過。。。

 

「野生動物を捕まえるバラエティー番組」によくある展開ですね。笑

 

そして、見つからないままタイムリミットが近づいてきます。。。。

 

 

 

はたして、見つかるのか?みつからないのか。。。

 

続きはウェブで、、、

 

、、、、、

 

、、、、、

 

ではなく、最後までちゃんと書きます。笑

 

 

日が暮れてあたりが完全に暗くなってきました。

 

アマゾンの中心で小さいボートに男5人。

 

明かりを消して息を潜めて待っています。

 

いつしか、タクシーの運ちゃんも真剣な表情になってきています。

 

真っ暗の中。虫の鳴き声や、鳥の鳴き声が夜になって大きくなって来てます。

 

アマゾンの川の匂い

 

水の音

 

動物の鳴き声

 

空の星

 

「これが本物のアマゾンだ」

 

とツアーでは感じれなかったアマゾンを全身で受け止めています。

 

そしたら、ガイドが

 

「こっちにこい!!あそこにいるぞ!!!」

 

と言いました。

 

言われたほうを見てみると、そこには、

 

、、、、、

 

何もいないです。

 

「あそこだ、あそこだ」

 

と言われてみてみても、全く見えません。笑

 

視力の違いに絶望します。笑

 

 

この人はどんな視力をしてるんでしょうか。笑

 

そして、ゆっくりと近づいていきます。

 

船が止まり、しばらくしたら、

 

ガイドが水の中に飛び込みました!!!!

 

そして、川を見るとガイドが手にクロコダイルをもっています。

 

f:id:Finalist7:20180217122147j:plain

素手で捕まえてました!!

 

 

全長は60cm程の小さいクロコダイルでしたが、みんな興奮してます。

 

一番興奮してたのは、タクシーの運ちゃんで

 

「おれはクロコダイルを捕まえたのは初めてだ!!!!」

 

といってテンションが上がってました。笑

 

僕も掴ませてもらいました。

 

f:id:Finalist7:20180217124106j:plain

 

暴れてたのでしっかり掴まないと逃げられそうでした。

 

クロコダイルを見るだけかと思っていたら、なんと捕まえて触ることができるとは!

 

「アマゾンにいる」と強く感じた瞬間でした。

 

これで本当に満喫できました!!

 

クロコダイルと戦った戦友みたいな感じで、気が付いたら中国人と運ちゃんとものすごく仲良くなってました。笑

 

このあとみんなでご飯に行きました。 

f:id:Finalist7:20180217124151j:plain

 

そして、この二人はディスコに行くといって夜の街に消えていきました。

 

明日はブエノスアイレスに行きます!

 

 

kyouikuwoamerikade.hatenadiary.jp

kyouikuwoamerikade.hatenadiary.jp

kyouikuwoamerikade.hatenadiary.jp